アナウンスルーム

アナウンサーブログ

徳光 雅英
徳光 雅英Masahide Tokumitsu
with a camera in Sukagawa City 2-1
 『ゴジてれChu!』木曜恒例「ぶらカメ」のコーナー、今回は県の中部に位置する須賀川市(すかがわし)にお邪魔しました。私がこのコーナーでお邪魔するのは、去年に続いて2回目です。

(市の概要はこちらをクリック)。
須賀川市はウルトラマンの生みの親、円谷英二監督の故郷。
須賀川市はウルトラマンの生みの親、円谷英二監督の故郷。
ウルトラセブンが歩行者をお出迎え。
ウルトラセブンが歩行者をお出迎え。
 1回目のぶらカメの時にも書いたように、須賀川市はウルトラマンの生みの親、故円谷英二監督の故郷です。市のメーンストリートにはよくある町の銅像に加えて、ウルトラマンシリーズに出てきたウルトラ兄弟や怪獣がいます。ですから町を歩くと…
こういうタイプが、普通の街並みにある銅像。
こういうタイプが、普通の街並みにある銅像。
須賀川市ならでは。こちらのピグモンは、人間に友好的な怪獣だそう
須賀川市ならでは。こちらのピグモンは、人間に友好的な怪獣だそう
 ウルトラマンのキャラクターと銅像がこんな風に並ぶ風景が見られます。……真ん中の像の服装がリアルだって?違いますよ、真ん中の方は、バス待ちでベンチに座っている方ですから。怪獣も銅像も、人がいる風景にすごく馴染む須賀川市です。
真ん中はバス待ちの方ですよ。ちゃんとバス停が見えますでしょ?
真ん中はバス待ちの方ですよ。ちゃんとバス停が見えますでしょ?
 須賀川市は歴史のある街で、奈良から平安時代にかけて造られたとみられる上人壇廃寺跡(国の史跡)があるほか、1100年の歴史があると伝わる妙林寺は前回取材しました。

妙林寺の話は、こちらをクリック。
歴史のある寺社が並ぶ通り。
歴史のある寺社が並ぶ通り。
妙林寺もその一つ(ロケ時撮影の石柱)。
妙林寺もその一つ(ロケ時撮影の石柱)。
 因みに妙林寺の石柱は、去年訪れた際は東日本大震災の余震とみられる地震で石柱が土台から20度位回転してずれていましたが、1年経ってしっかり元の位置に固定されていました。これ以上石柱をずらすような地震が来ないと良いですね。
 さて、その妙林寺などが並ぶ通りの先に古い神社があると地元の方に聞いて、行ってみました。すると鳥居のそばで佇む人が…。
今年は石柱が固定しなおされていた。
今年は石柱が固定しなおされていた。
去年のロケ時は、この状態だった。
去年のロケ時は、この状態だった。
「ああ、散歩の途中だったんです。きょうは少し遅くなったので、この後のジムや美容院に行く予定をどう組むか考えて立っていました。」
 ここの神社は地元の方もよく来るとの話です。鳥居をくぐって進んでいくと、社殿の前に大人が複数人集まっているのが見えます。
神社の参道前で、今後を思案中…。
神社の参道前で、今後を思案中…。
奥には人影が…。
奥には人影が…。
「いま、子どもたちが中で必勝祈願の最中なんです。」
 聞けば地元、県立須賀川高校野球部の保護者の皆さん。野球部員が新チームの勝利を願って、お祈りをしているとのこと。
「あと遠征などもあるので、バスの安全祈願も受けます。ぜひ子ども達に話を聞いてやってください。」
と仰るので、必勝祈願が終わるのを待ちます。暫くすると…
外にいたのは、野球部の保護者の皆さん。
外にいたのは、野球部の保護者の皆さん。
必勝祈願が終わるのを、外で待っている最中だった。
必勝祈願が終わるのを、外で待っている最中だった。
 ユニホーム姿の部員たちが出てきました。部員の一人は
「(大会まで)けがをしないように気を付けたいです。」
と話してくれました。
必勝祈願が終了。続々と選手たちが…。
必勝祈願が終了。続々と選手たちが…。
甲子園出場を新年に誓う。
甲子園出場を新年に誓う。
 野球部の監督も快く取材を承諾してくださって、こんな話をしてくれました。
「今年から新たに『須賀川創英館高校』となるので、1年目から甲子園を目指していきたいと思います。」
 県立須賀川高校は明治40(1907)年創立の伝統ある学校です。その須賀川高校長沼分校から独立した県立長沼高校が、この4月に須賀川高校と統合し、新たな「須賀川創英館(そうえいかん)高校」として出発します。須賀川高校(そして長沼高校も、ですが)の野球部の校名は最後、去年秋の県大会に名を刻んだのでした。
「うちは女子マネージャーが多いんです。選手16人なのに、マネージャーが9人もいるんですよ。」
突然の取材にも笑顔で対応。
突然の取材にも笑顔で対応。
この校名で戦うのは、今年度まで。
この校名で戦うのは、今年度まで。
 部員の3割以上が女子マネージャーとは、野球部の人気が高いのでしょうか。カメラを向けると笑いながらピースをするマネージャーも…。明るいマネージャー達です。その中の1人はお兄さんが野球をやっていたから、という事ですが、それ以外の皆さんは笑ってばかりで、なぜ野球部のマネージャーを引き受けたのかは、分からずじまいでした。
 ただ野球部のマネージャーというと、ボールを拾ったり洗濯をしたりというイメージですが、須賀川高校の場合は
「選手の軽食を作ります。」
明るい女子マネージャー達(2年生)。
明るい女子マネージャー達(2年生)。
カメラを向けるとポーズを決めてくる。
カメラを向けるとポーズを決めてくる。
 選手の中で一番よく食べるという選手に話を聞くと、軽食は平日の放課後の練習の際に作ってくれると言います。
「炊き込みご飯が一番好きで、椎茸や人参とか入って美味しいです。」
 160gほどのおにぎりにしてくれるそうです。
インタビューを譲り合う選手達。
インタビューを譲り合う選手達。
野球選手だから、これくらいの大きさで「軽食」なのだ。
野球選手だから、これくらいの大きさで「軽食」なのだ。
「あと7か月、宜しくお願いします。」
と一番よく食べる選手がお礼を言うと、女子マネージャーも笑顔で返礼。何か、好いですね。青春だなぁ。
「宜しくお願いします!」
「宜しくお願いします!」
「お願いします…。」カメラの前でお互いちょっと他人行儀。
「お願いします…。」カメラの前でお互いちょっと他人行儀。
 甲子園目指して、新生「須賀川創英館高校」野球部となる皆さん、頑張ってくださいね。

 そして祈祷をした神社の禰宜に話を伺いました。
「こちらは『神炊館(おたきや)神社』と言いまして、伊達政宗公が須賀川城を落としたあと、この地に出来たと言われています。」
頑張れ!須賀川高校野球部!!
頑張れ!須賀川高校野球部!!
神社サイドも、取材を快諾して下さった。
神社サイドも、取材を快諾して下さった。
 ただその前から別の場所で神社としての歴史は刻んでいるようです。
 また松尾芭蕉が須賀川に来た際に訪れたとも言われ、神炊館神社に奉納されていた芭蕉の句や、随行した河合曽良の日記が刻まれた碑が、境内にあります。
社殿。この地に移ってからだけで400年以上の歴史がある。
社殿。この地に移ってからだけで400年以上の歴史がある。
奥の細道碑も…。
奥の細道碑も…。
 また境内は広く、学問の神様を祀った天満神社や商売繁盛を願う稲荷神社もあります。
「稲荷神社の奥にも宮があって、昔はそこまで沢山の鳥居が立っていたんです。」
 往時を偲ぶ跡は見当たりませんが、当時の人々の信仰を集めていた事を感じさせるエピソードです。
左に天満神社、右に八幡神社。
左に天満神社、右に八幡神社。
この奥まで鳥居がずらっと並んでいたという。
この奥まで鳥居がずらっと並んでいたという。
「去年に比べると、今年は初もうで客がだいぶ戻ってきましたね。皆さん自主的に間隔をあけてお参りされていました。」
 最後に良い出会いがある事を願って、須賀川の総鎮守とも言われる神炊館神社を後にしました(つづく)。

つづきの「須賀川にワイン蔵!?半年前に出来たばかりだそうで…」は、こちらをクリック。
狛犬がにらみをきかせる。
狛犬がにらみをきかせる。
須賀川の総鎮守は、祈りを捧げる人を静かに迎える。
須賀川の総鎮守は、祈りを捧げる人を静かに迎える。
全文を読む